スタッフルーム」カテゴリーアーカイブ

サロンドキミコの七夕。

おはようございます
西島本舞です。

7月6日から1ヶ月間
今年もサロンに
七夕の笹と短冊
ご用意しています✨

皆さんの願い事を
今年も責任を持って
大崎八幡宮に奉納して
祈願していただきます✨
ㅤㅤ
今年の旧暦の7月7日は
8月14日。

島は
お盆も旧暦
色々旧暦。

サロンドキミコでも
ひなまつりと
七夕は毎年

新暦のその日から
旧暦の日まで
サロンで皆さんと一緒に
楽しんでいます。

今年も
皆さんの短冊の願い事が
ひとつでも多く
叶いますように✨

美味しいパインをいただいたので。

美味しいパインを
たくさんいただいたので

その中の一つを
スタッフ下地が初めてのカット。

カットの指導は
いつも果物が届くと
美味しくカットしてくれる
スタッフ鈴木。

スタッフみんなに囲まれて
見守られて
いざ初めてのカット。

包丁を持つ手つきに
みんながハラハラしたり

最初の端っこのとこを
少し太めにカットしちゃって

みんながそれぞれ小声で

「あーもったいない笑」

とつぶやいていたこと
 

最後に コロン…

と飛び出し

何もなかったかのように
元の位置にはめ込んでた

ひとかけらのパイン

も含め
スタッフ下地が
初めてカットしてくれたパインは
スタッフみんなでおいしくいただき

そのほかのパインは
ご来店いただいたお客さまと一緒に
おいしくいただきました✨

今年もありがとうございます。

こんばんは、西島本舞です。
 
あっという間に仕事納めの日を迎え、
先ほど、今年の営業が終了しました。
 

[2021年の正月の営業]

1/1 お正月休み
1/2 お正月営業日 6:00~16:00まで
1/3 お正月休み
1/4より 通常営業 9:00~19:00
  
 
  
この一年間、サロンドキミコを
ご愛顧下さった皆さま
私たちと素敵なご縁で
つながって下さった皆さま
本当にありがとうございます。
 
世界中がそうだったように
私たちにとっての2020年も
これまでとは違い

いつもの美容と
ウエディングの仕事のこと
 
と併せて
  
なんだか今年は
 
先も見えず、答えもわからず
日々コロコロと変わる状況に対して
 
私たちのできることを
とにかく柔軟に柔軟に
 
そして
 
ご来店下さるすべてのお客さまが
安心してサロンにお越しくださり
 
スタッフ含めてみんなが安全に
サロンで過ごせるように

笑顔で元気で

色々を、正しく恐れて
できる限りの対策をする
 
という事を 
毎日考えて過ごしていた

そんな特別な1年でした。
 
そして、
会社のこと
一緒に仕事をしてくれるスタッフのこと
お迎えするお客さまのこと
私たちに力を貸してくれる
たくさんの人たちのこと
 
色々なことを
いっぱい、想い、考えた
そんな一年でした。
 
「私たちの仕事」を通して
ほんの少しでも
 
誰かを笑顔にしたり、
誰かの疲れをいやしたり
誰かの不安を取り除いたり
誰かを幸せにしたり
誰かを元気にしたり
 
誰かに、なにか、素敵なことを
して差し上げられていたとしたら
嬉しいなと思いながら

あと数時間後は、2021年。
 

 
もうすぐ迎える新しい年も
どうぞサロンドキミコを
よろしくお願いいたします。


どうぞ皆さま、
良いお年をお迎えください✨

2020年12月31日 
 

おかげさまで43周年を迎えることが出来ました。

2020年12月18日(金)
気持ちいい太陽と青い空の石垣島から、
おはようございます、西島本舞です。

新型コロナウイルスに翻弄された今年で
まだまだ、日々先の見えない今、ではありますが、

私が3才の時、東京から戻った母が、
石垣島でサロンドキミコをオープンして

昨日で、43周年を迎えることが出来ました。

一緒に仕事をしてくれるスタッフ、
数あるサロンの中からサロンドキミコを
選んでお越し下さるお客様
 
色々な面から
サロンに力を貸して下さる皆さん、
 
私たちと素敵なご縁で
つながって下さるすべての皆さん

今このブログを読んで下さっている
皆さんも含めて、

43周年を迎えた今年も思うのは
ただただ 感謝の気持ちばかりです。

本当にありがとうございます。

今から43年前の1977年12月17日に
オープンしたサロンドキミコの
一番最初のお店は
美崎町の、8坪くらいの、
とても小さなサロンでした。

と言っても、最初の美崎町のお店が
どんな感じだったのか
私はまだ小さくて
ちょっと覚えていなくて、

当時のサロン入口を
外側から撮ったった写真を
どこかで見たことがあるので

それは多分、
家のどこかを探すと出てくるとは思うけれど

サロンの中がどういう感じだったかが
写真で残っていた記憶もなく

多分、母自身も、
家の事や子育て、日々の仕事に追われ、

「写真に残す」という、
意識も、時間もなかったと思うので、

大人になり
母と一緒に仕事をするようになって改めて

「せめて、写真でだけでも」
「当時のサロンを見てみたい」
と思う私の願いは

どうしてももう叶わない
 
というのは、正直、今でも
私の心残りのひとつです。

そういうこともあって、
人生の折々で「写真を残す」という事の大切さを
私自身がとても感じていて

それが、今、
ウエディングプランナーとして
仕事をする中でも、

結婚されるお二人に
「ぜひ、結婚写真を残してください」と

想いの熱量をちょっと強めにお伝えする
理由のひとつになっています。

今しか残せないものの一つが、
写真なので。

学生の頃、
サロンドキミコに通って下さっていたお客様が、
成人式を迎え、結婚され、お子さんが生まれ
そして今、おばあちゃんになって
お孫さんと一緒に
サロンにお越し下さったり
お孫さんの成人式の着物を
一緒に選びにお越しになったり

ちょっと落ち込んでいたけれど
ちょっと体調が良くなかったけれど

ここに来たら、
なんだかリラックスできた、
元気になれた、笑顔になれた
 
「来てよかった、ありがとう」

と言って下さるお客様。
 
お礼をお伝えするのは
本当は私たちの方なのに
ありがとう
と言葉にして下さるお客様。
 

日々、色々なお客様をお迎えしながら
感じていることのひとつが、

私たち、
「サロンドキミコという美容室」の仕事は

お客さまの髪の毛をカットして、
染めて、パーマをする、というだけではなく

サロンにお越し下さるお客様の人生に
美容という仕事を通して

お客様それぞれの、
人生の、日々の、色々な場面に、寄り添い、

ある時は、一緒に笑ったり
ある時は、お疲れをいやしたり、
ある時は、お悩みを解決したりしながら

お客様の心を少し軽くしたり
気持ちを明るくしたりして
幸せにしてあげる 

大袈裟かもしれないけれど
そんなことをする
仕事なんだと感じています。

だからこそ、
43周年を無事に迎えた今、改めて

例えば、
かかりつけのお医者様のように
一生お付き合いできる美容室として、

日々、技術的なことはもちろん
居心地のいい空間や接客、サービスで
笑顔になれる、
元気になれる
悩みが解決できる
 
そんな場所であり続けたいと思って
今日もまた、お客様をお迎えしたいと思います。

いよいよ、12月も折り返し。
 
今日から今年も
「年末営業」という事で
大みそかまで、毎日休まず営業しています。  

どうぞ、今月も、そして、これからも
サロンドキミコをよろしくお願いいたします。

ウエディングをご検討・ご予定の新郎新婦さまへ。

2020年12月12日。
おはようございます、サロンドキミコのウエディングプランナー西島本舞です。

私たちのサロンは、石垣島のブライダルサロンとして、ANAインターコンチネンタル石垣リゾートや、アートホテル石垣島、小浜島のはいむるぶしの婚礼指定店として、衣装レンタルとヘアメイクを担当させて頂いたり、サロンオリジナルのフォトウエディングプランや、ウエディングプロデュースでプランニングしたオリジナルウエディングプランなどで、長年、新郎新婦さまをサロンに迎えしています。

2020年は、新型コロナウイルスの影響で、外出自粛や緊急事態宣言など、これまであまり縁がなく、なんとなく不安を感じてしまうような言葉を、連日色々なところで耳にし、目にしています。

状況は良い方にも、そうでない方向にも変わる可能性を、まだまだ秘めていて、これからも私たちが想像していない何かが起こるかもしれない、そんなことを思う毎日ではありますが、その中でも結婚されるお二人にとっては、挙式や披露宴を含め、更に多くのことに悩み、相談し、検討し、諦めたり、答えがなかなか出せない・・・そんな、今ではないかと思います。

結果として、私たちのサロンでも、実際に予定されていた挙式や披露宴について「時期未定の延期」という選択をされた方、本当に多くいらっしゃいます。

ですが、withコロナの中でも、ご親族の皆さんだけで挙式と小さなパーティーをされた方や、ご参列はご両家のお父様とお母様だけ。ご両親に見守られた中で挙式を挙げられたお二人、結婚式は難しいけれど、せめてお二人の結婚を形に残したいからフォトウエディング、など多くの新郎新婦さまをお迎えしました。

皆さん当日まで、でき るかぎりの対策をした上で、色々と 検討し調整し、状況を判断され、万が一のことまで考えながら、という事で、とても大きな不安やご負担を強いられながら、ではありますが、そうして迎えた結婚式や写真撮影の一日の、お二人の本当に幸せな笑顔は、私たちにとっても毎回とても嬉しく思うことのひとつであり、その幸せな笑顔のために、今私たちにできることはなんだろう、と日々考えている毎日です。

これまで私たちのサロンでは「お二人の大切な日だからこそ」同じ日にサロンにお迎えする花嫁さんはおひとりだけ、お二人の特別な日を、私たちも大切にさせていだきたい、という想いがあり、結婚式のご予約については「一日一組様限定」で、フォトウエディングについても、各プラン「一日一組様限定」承ってまいりました。

当日だけでなく、衣裳選びの時間も同様に、一組様ごとにフロア貸切で、他の方の目が気にならず、楽しく心行くまでドレス選びをして頂けるように、お客様をお迎えしてまいりました。

コロナ禍の中の今だからこそ、これまでの私たちが行ってきた「一日一組様限定」や、「フロア貸切」などの提案や対応が、更にこれから結婚されるお二人の「安心」につながると嬉しく思います。

手指消毒や検温、当日を迎えるまでの過ごし方など、 お互いに、できる対策を引き続きしっかり行い、安心して当日を迎え、安全に結婚式や写真撮影の一日を過ごして頂きたいと願い、お客様を丁寧に一組様ずつお迎えしております。

また、結婚式をご予定、ご検討の皆さまへの、お選びいただくプランのご提案、衣装とヘアメイクなどについても、今だからこその、ウエディングのプロとしてのご提案もさせて頂きますし、そのための学びも日々行っていきます。

ご結婚式やフォトウエディングをご検討の皆さんの、それぞれの想いに寄り添いながら、一組ごとに異なる想いを形にするためのお手伝いをさせて頂くため、皆さんのウエディングについてのご相談を、日々承っております。

密をさけるため、事前にご予約の上、ぜひサロンへお越し頂ければと思いますが、予約が空いていれば、柔軟に対応させて頂きます。

お二人の結婚式の事、フォトウエディングのこと、具体的に検討中の方、漠然としたイメージしかない状態の方、どんな方でももちろん大丈夫です。

コロナ禍の今だからこそ、お二人だけで悩まず、私たちにお二人のお話を聞かせて下さい。 

 
週明けから、個人的に慌ただしかった今週がようやくひと段落した今朝、一人、ウエディングサロンでコーヒーを飲みながら、この一年、日々思っていることを改めてちょっとブログに書いてみました。

私のウエディングの仕事を通して、私たちのこの美容とウエディングの仕事を通して、何ができるだろうかを、改めて見つめ直すことが多かった今年。20日後には新しい年を迎えてるんだなぁ、と気づいた今。今年も引き続き、そして、来年からもずっと、お迎えする新郎新婦さまやご家族、まわりの皆さんのための「幸せのお手伝い」を、スタッフみんなで心から祝福しながら、私たち自身も楽しみながら日々成長しながら頑張ろう、と思った今日。

ここまで書いてたら、突然窓の外がパーッと明るくなり、日が差してきました。最近ずっと雨続きの石垣島。なんだかいいことがありそうだと、ひとり、嬉しくなっている今です。

七夕の願いが今年も叶いますように。

2020年8月8日(土)
こんにちは、プランナーの西島本舞です。
もう何年?10何年…かな?毎年七夕の時期には笹と短冊を準備して、お客様に七夕の願い事を書いていただいています。
 
今年も7月末までサロンで皆さんに書いていただいた沢山の願いが込められた七夕の短冊を、今月初めに大崎八幡宮さんへお届けしました。
 
本日、大崎八幡宮で、七夕の奉納祈願祭が行われるという事で、私含め、サロンのスタッフ、お客様、この時期にお迎えした老若男女皆さんの願い事が、今年も一つでも多く叶いますように、と微力ですが、石垣島から今年も強く願いたいと思います。

毎年書いてしまう「宝くじ一等当選」はまだ、ですが、それ以外の願い事は、私個人的にはちゃんと叶っていると実感することが多いので毎年たくさん短冊に願いをついつい、したためてしまいます。サロンドキミコと嬉しいご縁でつながって下さる皆さんの願い事も、今年も一つでも多く叶いますように☆

石垣市制施行73周年記念式典にて。

こんにちは、西島本舞です。昨日7月10日に開催された、石垣市制施行73周年記念式典の中で、西島本喜美子が産業経済の美容業振興で、市政功労の表彰を受け、中山市長から賞状と記念品を頂いてまいりました。

http://www.y-mainichi.co.jp/news/36571 

石垣市の益々の発展を心からお祝いするとともに、私たちサロンドキミコも引き続き、地元の経済発展に少しでも貢献できるよう努めていかねば、と気持ちを新たにした昨日でもありました。