フォトウエディング(結婚写真撮影)」カテゴリーアーカイブ

一生の思い出に。

サロンドキミコでは、結婚式やフォトウエディングを終えたばかりのお二人に、今だから感じられる、今しか感じられない、そんな言葉を書いてもらう時間をお取りしています。

例えば、10年後、今日の一日を、そして、今日書いたこの言葉を思い出すと、ケンカしてても、仲直りして、また二人仲良く頑張ろう、と思える、お二人の、お互いのための言葉を書いてください、とお伝えしています。

今日サロンにお迎えしたお二人が書いてくれたのがこの言葉。

誰かの、一生の思い出になる大切な一日を、私たちは仕事にしているんだな、重要で重大な仕事をしているんだな、と改めて実感しています。

お二人の大切な一日を、私たちも心から大切にしたいと、本気で思いながらこの仕事をしているけれど、でも、足りないところや至らないところも、もしかしたらあるかもしれないけれど、更に更に、誰かの一生の思い出になる大切な一日のために頑張ろうと、思った今日でした。

数あるサロンの中からサロンドキミコに大切な一日を託してくれて、本当に本当に本当にありがとうございました。おいしい島料理を、たくさん食べれてますように!

おめでとうございます。

先日お迎えしたお二人は
スタジオでの婚礼写真撮影。
今回は琉装での撮影。

ヘアメイクが終わった時も
琉装のお支度が終わった時も
撮影中も
撮影が終わった時も
お帰りになるまで
終始明るい笑い声がいっぱいでした。

ご結婚おめでとうございます♡
写真が仕上がるまで、少しだけお待ち下さいね!

レターソング。

今話題、新しい結婚式の演出のひとつ
「レターソング」をご存知ですか?    
 
レターソングとは
結婚式の日のご両親へのお手紙を
歌にしたもの。
感謝の気持ちを世界にひとつだけの
オリジナルの曲に込めて贈る
とってもあったかい演出。

感謝の手紙の新定番となってくるかも、

なレターソングをご存知の花嫁さんも
きっと多いことと思います。
 
 
結婚を機に、
ご両親へ感謝の気持ちを伝えたい、けれど・・・

手紙を読むのがなんとなく照れ臭い

泣いてしまうから読めないかも

新婦だけでなく、新郎からも
ご両親へ感謝を伝えたい

一生に一度だから
特別なサプライズ演出として
感謝の気持ちを伝えたい

もしかしたら

結婚式を挙げないお二人も
ご両親への感謝の気持ちを伝える方法を
探している、かもしれませんね。
「結婚すること」は
お二人にとっても
ご両親にとっても

人生において
とても大きくてとても大切な節目。

だからこそ、この機会に

ご両親への感謝の気持ちを
ちゃんと伝えてほしい、
ということを、これまでもずっと
新郎新婦さまにお伝えしてきましたが
ということで、
今年、2018年秋、
サロンドキミコweddingsから
石垣島ウエディングの新しいご提案は
ご両親への感謝を歌にしてお届けする
世界に一つだけの
オリジナル「レターソング」。
パンフレットが仕上がってきました。
 
  
結婚式の新定番として今話題の
レターソングを
あなたの披露宴に、いち早く取り入れて
ご両親への感謝の気持ちを
サプライズとオリジナルの
レターソングで伝えてみませんか?
   
  
サロンドキミコで
ホテルウエディングの日の衣裳&お支度プランや
フォトウエディングプランご成約のお客様へは
レターソングの割引特典なども。
  
サンプル動画はこちら
 
(結婚式 新郎新婦様からご両親へ)
 
 
 
詳しくは、お問い合わせくださいね。

石垣島ホテルウエディングの際の
衣裳&お支度プランについて
ご相談会は、通年開催。
また、今年の秋冬も、
フォトウエディング
ご予約&お遠い合わせ、大歓迎
 

 

結婚式の新定番、
ご両親への感謝の気持ちを
歌にして贈る
レターソング

で、お二人の特別なウエディングの日に
みんながあったかい気持ちで一つになる時間をぜひ♡

フォトウエディング。

こんにちは。プランナーの西島本舞です。

台風24号接近中の先日
フォトウエディングにお迎えしたお客様へ
撮影予定日の前日前倒しのご提案をさせて頂き
サロンへお迎えしました。

その日撮影した、もうすぐ2歳のかわいい男の子と
3人で臨んだフォトウエディングの写真が
私の手元に届きました。

お迎えする日の数日前からずっと
不安定な空模様。
雨が降ったら土砂降り
そんな天気が続いてただけに

お二人にお届けする写真の中に
笑顔の3人と、
青空と青い海、太陽の日差し

本当に嬉しい気持ちになりました。

今月結婚式を控えたお二人が
石垣島でのフォトウエディングの写真を
結婚式にお使いになりたいということで
写真のお届けの準備が整う前に
先に取り急ぎお届けしたそのデータの中に

かわいい家族写真を見つけました。


ウエディングフォト撮影の中で
こういう写真をさりげなく残してくれる
カメラマンの中西さんの気持ち。

フォトウエディングのプランを作るとき
お渡しする写真の枚数や、撮影場所や、
アルバム仕立てやデータ渡しなどの
納品の方法、だけでなく

その写真を
「誰が撮ってくれるのか」も大切に考えました。

撮影した日の夜
新婦さまからいただいたメールの中に

子供がいたこと、台風が近づいていたこと、
不安で中止になってしまうかなと思いましたが一生の思い出ができました。

(お子さん)が大きくなって今回の素敵な思い出を話してあげたいです。

中西さん鈴木さん林田さんに本当に親切にして頂き、感謝でいっぱいで最後涙がでてしまいました。

素敵な思い出….

そんな嬉しい言葉を頂けて、
正直に、心から嬉しく思いました。

私たちにできることには
限りがあるかもしれません。

ですが、数あるサロンの中から
私たちのサロンを見つけて下さり
お二人のウエディングの
大切な日を託して下さったお客様へ
できる限りを、と想う気持ちを大切にしたい

と改めて感じて

けして大きな会社じゃないけれど
ここ石垣島で

私たちにしかできない
私たちだからこそできる

そんなウエディングの仕事がちゃんとあるはず。
もっともっとお客様のために
いい仕事ができるように頑張ろう、

そう、改めて思った今日でした。

この撮影の次の日は台風で
飛行機も朝の少しだけ飛んであとは欠航。

前の日の撮影、提案してあげられてよかったー

お二人の都合も大丈夫でよかったー

急な前日の変更の判断に

スタッフも中西さんもみんなで
全力調整してくれてありがたかったー

晴れてよかったー
喜んでくれてよかったー

今日は、
お天気にも
お客様にも
スタッフにもカメラマンさんにも
とにかく全員に
ありがとうを伝えたい朝でした。

琉装(りゅうそう)ネイル。

色鮮やかな紅型の着物に
髪の毛はからじ結い。

沖縄の成人式や結婚式の日の装いとして
多くの方に今なおお選び頂く
特別な日の衣装、琉装。

着付やヘアメイクの技術はもちろん
衣装やヘアスタイルについての
歴史やルールなども併せて常に学ぶことで

琉装を、自信をもってオススメ!
安心して、キレイに着ていただけます。

更に、この春から、ネイリストのはるかさんが
サロンのスタッフに加わったことで、
紅型のネイルデザインまで
トータルでご提案できるようになりました。

琉装の時は
房指輪を両手に飾りますが、


今年の夏からは
紅型ネイルで、更に、
その指先にまで沖縄の花嫁を、のご提案をさせて頂きます!

 

フォトウエディングとドローン映像。

プランが出来て以来、
サロンドキミコ@weddingsで
一番人気のフォトウエディング
「558プラン」の
新しい追加オプションプランとして
今年春からご案内している

——————————–
フォトウエディングに
ドローン撮影をプラスして
撮影の日の写真だけでなく
映像までお届けする
————————————–
そんな今年の新しいプラン。

お客様からも
正式なご予約などを
いただき始めました。

今回のドローン映像は
モニターをして頂いたお客様の
ファミリーフォトウエディングの日。

思い出の場所、石垣島で
家族3人でフォトウエディングを、と
お問い合わせ頂いていたけれど
旅行自体がキャンセルになってしまい
いつかまたの時は、と

2年後の今年
嬉しい再度のご連絡を頂き、
家族4人で仲良く
フォトウエディングの日を迎えた
お二人の、大切な撮影の日の映像です。

写真の中の子供たちはまだ小さくて、
撮影の日のことを
覚えていないかもしれない
けれど、

映像があることで、

フォトウエディングの日の写真の中の
波がうごき、
雲がうごき
みんなが笑い
さとうきび畑がざわわと動き出す

そんな撮影の日の、あの時間を
いつまでも
素敵な「体験」として
残してあげられるのかな、

なんて思います。

このプランで
写真を撮ってくれる中西さんも
ドローンの撮影をしてくれる平良さんも

技術はもちろんだけど
人としてとっても温かくて

私たちと同じ気持ちで
お客様をお迎えしてくれる

一緒に仕事をしたい人たちと出会えた
からこそ生まれた
フォトウエディングのプラン。
558プラン&ドローン動画撮影について
https://www.salondekimiko.com/photowedding/1744-2/558-2.html

沖縄でもなく、海外でも県外でもない
「石垣島だからこそのフォトウエディング」

数あるサロンの中から
サロンドキミコを選んで下さったお二人に
そんな撮影の一日を、これからもいつまでも。
https://youtu.be/bf9r2Cc7mFg

先日のフォトウエディング。

おはようございます。サロンドキミコです。
今日の写真は
先日フォトウエディングにお迎えしたお二人の
スタッフ写メから。

558プランの50カットプランをお選びいただき
ドローン撮影のモニターもご希望頂いていたお二人。

撮影場所に到着したら、
市内の倍はありそうな
ものすごい強風・・・
やっぱり冬の海沿いの風はすごいなぁ、と思いつつ

ドローン撮影は出来なかったけれど
最後に頂いたメッセージに
「風が強くて楽しかったです♡」
のメッセージ頂きました(^-^)

海で最初はベールをつけた状態で撮影を行い
その後、ベールを外しての撮影。

風で真横に一本の状態でなびいていたベールを
ワイワイ、何とかキレイにセッティングしての撮影の後は

カメラマン「やってみます?」
新郎「じゃあ」
新婦「大丈夫?」
新郎「できるかな?」
新郎「やってみます!」

と、やってみたら
とっても安定感がある
素晴らしく素敵ななお姫様だっこでの撮影や、

「あれも使いたいです」と
サロンから持ってきたフレームでの一枚とか

お二人がしてみたいポーズとかありますか?
なんていう事を聞いたりしながら
撮影は進みました。

誰も想定していなかったけれど
お二人の撮影中、
時折太陽が顔を出してくれたり、など
少しずつ、だけど、どんどん天気が回復。

最後は、帰り道沿いで
カメラマンの中西さんがいい景色を探しながら。

寄り道して撮影して、寄り道して撮影して。

お二人のご宿泊先も帰り道沿いだったので
せっかくなので旅の思い出に
良ければ寄ってもらえます?

こそっとカメラマンさんに伝えた後の一枚がこれ。
お二人にとって、
いい思い出の一つになってくれると嬉しいですねー。

色々なサイトを見て
色々なプランを検討して下さった上で
ここなら!と選んで下さった
と話してくださった新郎さま。

お送りする帰りの車の中でお二人から頂いた
「本当に(みんなの気持ちが)あったかかった」
という言葉。

素直に、嬉しかったです。

写真、どうぞ楽しみにしていてくださいね。

そして、またぜひ
石垣島に、
お二人、ご家族で里帰りして下さいね。
お待ちしています!

中西康治さんの写真展に行ってきました。

おはようございます、プランナーの西島本舞です。
連休最終日ですね。太陽が顔を出してくれるだけで
思わず笑顔になる、そんな石垣島の朝です。

昨日、ちはるさん&美樹さん、ブライダルチーム3人で

「照島」(てるしま)

行ってきました。

これは、
今、市内のホテルのgalleryで開催されている
サロンドキミコのフォトウエディングプラン
558プランのカメラマン、中西康治さんの写真展。

(558プランとは)
http://salondekimiko.main.jp/photowedding/1744-2/558-2.html

もともと、
中西さん自身の結婚式を私たちがお手伝いをさせて頂いたご縁がスタートで
その後、色々な機会を通して、中西さんが撮る「人」の写真を拝見する度
その写真の中に、溢れんばかりのたくさんの「笑顔」や「幸せ」を見つけ

中西さんが撮ってくれる、このたくさんの笑顔や幸せを
私たちのサロンを選んで下さるお客様の結婚写真にも残してあげたい!と
私から中西さんにお願いをして、そして、一緒に作ったフォトウエディングのプランが

558(ゴーゴーハッピー)プランです。

もともとは、東日本大震災の影響で
お祝いを自粛するムードや
被災して、旅行をキャンセルする方も多くなっていた
あの時期に、
でも結婚する人にとっては大切なスタートの瞬間、
私たちのウエディングの仕事を通して何かできないか、を考えた時

「幸せは伝染する」
こんな時だからこそ、幸せな人を、笑顔な人を増やしたい、

そんな想いで生まれた、ドレスも写真もタキシードも込み、
破格の5万円(5カットお渡し)の期間限定のプランだったので

じゃあ『5カット5万円で幸せ』でゴーゴーハッピー
これ、どうですか?(笑)

という事で、なんとなくノリの勢いと笑顔で即決定した
「558プラン」というプラン名も、中西さん(作)です。

写真だけでなく、
私たちのお客様に対する気持ちに
しっかり寄り添ってくれる中西さんの人柄もあって
558プランは毎年サロンドキミコの
一番人気のphotoweddingプランとなっています。

そんな中西さんとの
いつものフォトウエディングでは
笑顔いっぱいの新郎新婦と
海や空、青色の風景が一緒の写真が多いのですが

今回の写真展は「人」のいない写真がメイン。

石垣島の自然

テーマは「森と水の石垣島」

思わず、目を閉じて深呼吸したくなる
島の深い緑色の風景が印象的な写真に、

またひとつ、
ウエディングフォトとは違う
中西さんの魅力を発見できました。

・・・でも、やっぱり、
中西さんらしい写真、だったかな。

心が穏やかになる、そんな、すごくいい時間でした。

中西康治写真展『照島』 は
2018年2月15日まで
エメラルドアイル石垣島
2Fgalleryにて開催ということで、
もしお時間のある方はぜひ!

https://www.kojinakanishi.com/blog

 

只今予約受付中のお知らせなど―――――――

#旧正月の日の着付ご予約受付中
石垣市ではこの日85才、97才、108才の方のお祝いが行われます。ご出席される皆さま、お祝いにご出席の皆さまの着付・セット・メイクのご予約承ります。(2/14・15定休日の為、明日(2/13)まで、もしくは当日のご予約受付となります。)

#期間限定開催中(2/28まで)
ウエディングドレス着放題プラン@バレンタインデー2018(2/28までに着放題される方)

結婚はまだ、でもドレスが着たい。

#募集中(3/31まで)
フォトウエディング558 プラン(50カット)のドローン撮影モニター募集中(2018/3/31までに撮影の方)

モニター募集です。

 

 

 

 

モニター募集です。

こんにちは、サロンドキミコです。
2月3日、今日は節分、明日は立春ですねー。
暦の上では春の始まりですが
日中の最高気温、14℃って、これはもう
石垣島にとっては真冬の今日です。

冬の石垣島ですが、
2月に開花するカンヒザクラがあちらこちらで
ピンク色の可愛い花を咲かせている景色に出会えるかわいい季節。

2月のフォトウエディングでは、
お天気やタイミングにもよりますが
カンヒザクラの木の下フォトが残せることもありますよ♡

さて、今日は
冬の石垣島フォトウエディング、モニター募集のお知らせです

2017年も一番人気の
558プラン(50カット)海でのドローン撮影がついた
もうすぐご案内のNEWプランの

モニターさんを、ただいま、募集しています。

・2018年2月1日~3月31日までに
・558プラン(50カット)プランをお選びのお二人で
・撮影した写真&ドローン映像をすべて宣伝や広告に使用させて頂ける方
・先着3名さまに

・約50,000円相当のドローン撮影(お渡し映像3~5分/編集なし)

をプレゼント♡

ただし、当日の撮影場所の天候や風により
ドローンをそもそも飛ばすことが出来ない場合がありますので

その場合は、ドローン撮影はなし、となりますので
その点までご了承頂ける方を募集いたします。

ですが、

【ドローンが飛ばせるかどうか】の判断は
朝の天気予報だけでなく、
実際にドローンと撮影者も
お二人と一緒に撮影場所まで出向き、
その場の実際の状態で、でギリギリまで
できる限り飛ばしてあげたい気持ち
で対応させて頂きます。

ドローンの撮影を担当してくれる
平良さんとお話をさせて頂いたら
優しそうで穏やかな方で

その映像を見せてもらったら
空からの映像には
いつもの写真撮影とはまた違う
ステキで楽しい魅力を感じました。

ドローンでの空からの撮影もぜひ
数あるサロンの中から私たちにお二人の大切な
フォトウエディングの一日を託してくれてた
お二人に提案してあげたいなと思いました。

ここだけの話、今回のモニターを先着3名様、とはしていますが、
万が一、思いもよらず、もう少し多くのモニターご希望を頂いた時には
出来る限り、モニターとして・・・いう話も出ていたりして。

こちらについては何とも言えませんが
ぜひ、石垣島で2月3月フォトウディングをご検討の皆さまからの
お問い合わせ、楽しみにしています。

2月3月に558プラン(50カット)をご希望頂く方の中で
モニターの条件の
【写真や映像の広告などへの使用】はNGの方だけど
でもドローン撮影を希望
というお客様が万が一いらっしゃった場合は
まだプランは完全に仕上がっていませんが
別途お得な料金で対応させて頂く、という事も考えますね!

色々、ぜひぜひ、お気軽にお問い合せ下さいねー!

こんにちは。
ウエディングプランナーの西島本舞です。

ここ数日、一気に冷え込んだ石垣島ですが
週間天気予報をみていると
どうやら、またすぐ温かくなりそうです。

気温のアップダウン、
皆さんお風邪にお気を付けくださいね。

毎年この時期になると
思い出すフォトウエディングがあります。

もう14,5年前のお正月明けすぐ、ちょうど今頃だったかな。
海でフォトウエディングをされたお二人。

その日の天候は
雨が今にも落ちてきそうな曇り空。
空は暗くて風もかなり強め
けして、いいコンディションとは言えない
冬の海でのフォトウエディング。

そんな空模様の下、
撮影が始まってしばらくして
静かに泣き出してしまった新婦さま。

どうしたの?大丈夫?と声をかけ
せっかくのフォトウエディングなのに
この天気はやっぱり悲しすぎたかな・・・

と私たちもカメラマンも、みんなが思ったその時、
新婦さまが口にしたのは

「嬉しくて」

という言葉。

仕事がとても忙しくて
付き合っている時から今まで
二人で旅行をしたことがなく、

ようやく叶ったのが、今回の、旅行だったお二人。

その夢が叶ったこと

そして、

今日の自分たちの撮影のために
私たちやカメラマンさんたちが
本当に親切に丁寧に心を込めて
色々としてくれること

それがとても「嬉しくて」と。

その言葉を頂くその瞬間まで

海でのフォトウエディングには
晴天、青い海、青い空、いいお天気が
絶対ないといけない、と
お金でも買えないお天気のことまで
すごくウエイトを置いて仕事をしていたけれど

その言葉を聞いた瞬間
その日のお天気も、もちろん、良いに越したことはないけれども
それ以上に、大切なことがあることに気が付きました。

その日の、一組一組ごとのお二人の想いに
誰よりも寄り添ってWeddingの仕事をすることの大切さに
改めて、気付かされました。

お天気だけは誰にもどうしようもないけれど
どんなお天気の日でも、
その日をお選びのお二人のため「だけ」に、
お二人の想いに寄り添い、
私たちが出来る限りのご提案をさせて頂く

ということを一番に考え
一組さま一組さま、
お迎えするお客様ごとに色々とお話を伺い、
そのお客様ごとに対応して差し上げる事の
大切を改めて実感したのは、その時から。

長いことWeddingの仕事をしていると
結婚式やフォトウエディングを
お手伝いさせて頂いたお二人が
色々な事情で別々の道に進まれたりすることもあります。

ですが、
このWeddingのお仕事を通して
お手伝いさせて頂いたお二人には
これからもいつまでも
お二人らしい素敵な家庭を築き、
末永く笑顔でいつまでも幸せにいてほしい
と、心から願っているので

そのお二人の幸せのスタートとなる
Weddingの一日をお手伝いさせて頂く私たちも
十人十色のお客様、それぞれに
満足していただける衣裳やヘアメイクも
もちろんですが
Weddingの日を迎えるまで、そして、迎えた当日の、
お二人の想いを叶えるために
お二人のためだけに出来る限り、の想いで
日々仕事をしています。


この写真は、14,5年前のあの日の、
嬉し涙のその後のスタッフ携帯写メから。
撮影の合間に、砂浜で
やどかりか何かを見つけて笑顔、の時の一枚。

毎年1月の寒い日には
わごうさんのあの嬉し涙を、思い出します。
お元気かなぁ。